ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年07月25日

最悪なニューイヤーコンサート

毎年ウィーンフィルのニューイヤーコンサートを楽しみにしています。
前にニューイヤーコンサートの中で私が良いと思うランキングの記事を書きました。
その中で好きなランキングは次のとおりです。

1.1989 カルロス・クライバー
2.1992 カルロス・クライバー
3.2006 マリス・ヤンソンス
4.1996 ロリン・マゼール
5.1991 クラウディオ・アバド & 2013 フランツ・ヴェルザー=メスト
  
逆に好きになれないニューイヤーコンサートもあります。
小澤征爾のコンサートも好きかといわれれば、ワルツの演奏への違和感に限れば好きでないし、プレートルの2回目のコンサートの中のこうもり序曲はテンポが速すぎて目が回りそうだったし、ムーティーも特に美しき青きドナウの演奏は、どのコンサートにおいても流れが速すぎて感性が合わないなと思ったり、まあ、いろいろ感想はあるのですが、最悪に思ったコンサートはどれかと言われれば、今年のバレンボイムのコンサートに尽きると思います。
今年はバレンボイムが指揮だからいまいちと思っていたら案の定いまいちで、例年なら、録画を何度も観るのですが、未だ録画したコンサートを早送りしないで見る気持ちになれないほど、好きになれないコンサートでした。
もちろんバレンボイムは指揮者としてだけではなくピアニストとしても超一流で、世界の名だたるどのオーケストラと弾き振りできる唯一の人物で、最高の音楽家の一人です。
ベートーベンやブラームスやワーグナーとかヴェルディにおいては決して嫌いな指揮者ではありませんが、どうもウィンナワルツだけはまったくいただけません。
専門家ではないからあたっているかどうかは不明ですが、多分あのマリオネットみたいな硬い指揮の動きが、ウィーンのワルツにそぐわないのではないかと勝手に思っています。
もっといえば、エスプリに富んだ、女好きで面白い人物ではないんじゃないかと思ってしまいます。
指揮振りといえば、少し似ている次期ベルリンフィルの音楽監督になるのではないかと言われている、超人気指揮者ティーレマンも、ニューイヤーコンサートをやったらいまいちではないかと思っていましたが、ティーレマンが現在音楽監督をしているドレスデン歌劇場の2012年、2013年のジルベスターコンサートでのオペレッタを振ったコンサートを録画しているのですが、これが実に柔らかく甘味ですばらしく、あのマンリオネットみたいな指揮の動きではなくやっていたから、以外にウイーンのワルツもうまく振るかも知れません。
もともと歌劇場の練習時のピアニストからたたき上げた人物だから、意外に歌劇やオペレッタもできるのだと再認識したコンサートです。 
話をバレンボイムに戻します。
今年のバレンボイムのニューイヤーコンサートは稀有なコンサートで、あれだけ、あのすごいウィーンフィルをコントロール仕切って、ウィーンフィルの良さを消した演奏をやったのは、逆にバレンボイムの、オーケストラをコントロールする才能のすごさを、嫌味ですが、感じました。
とにかく五感に響かない演奏で、私のテレビの音響の調子が悪いのかと思えるぐらい、音が来ないし、硬いし、あの芳醇なウィーンフィルはどこに行ってしまったのかと思えるぐらい、私にとっては残念な演奏でした。
録画してある昨年のメストを聞けば、ちゃんとウィーンフィルのワルツの音が聞こえたから、私のテレビの音響のせいではなかったようで、正直に言って歴代最悪のニューイヤーコンサートだったように感じました。
バレンボイムは前回のニューイヤーもひどかったけど、今回は特にひどかった。
あんまり好きじゃないムーティーのウィンナワルツと比較しても、まったく違い、ムーティーの演奏のほうがテンポはともかく、音はウィーンフィルの音で、バレンボイムが決して嫌いではないけれど、最も好きになれないニューイヤーコンサートはと聞かれれば、今年のニューイヤーコンサートと答えるしかないほど、ひどかったと私は感じました。
posted by bhycom2 at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

やしきたかじん

今年の1月に亡くなったやしきたかじん。
実はやしきたかじんの歌が好きで、関西に住んでいた頃は、よくコンサートに行きました。
私は音楽好きですが、ジャンルがかなりメチャクチャ。
車のナビに保存しているのは、70%クラシック、10%ハワイアン、後はやしきたかじん、石川さゆり、石原裕次郎、加山雄三、トニー・ベネット、メル・トーメなどが混在しています。
私は一生の2/3以上東京に住んでいるし、最近は大阪など関西にほとんど行かないから、すっかり大阪の様子も分からなくなりました。
梅田の変わりようも知らないし、小学校があった阿倍野も変わったようです
でも、生まれて高校までは大阪の心斎橋の近くに住んでいましたから、なじみがなくなった大阪も、DNAは覚えているらしく、やしきたかじんの「東京」と言うヒット曲の前までの、まさにザ・オオサカの曲が実に好きで、今でも時々、特に運転していて眠い時によく聴きます。
「東京」と言う曲は流行ったけど、やしきたかじんが良いのはそれまでの曲です。
「あんた」が最高に好きだし、「ICHIZU」「未練」「やっぱ好きやねん」「大阪恋物語」「なめとんか」なんかは好きですね。
時々一人カラオケに行くけど、必ず「あんた」と「なめとんか」を熱唱(^^ゞ
たかじんの歌もだけど、バックの、特にサックスや電子ギターやクラリネットの音が、とても私には大阪が感じられて、子供の時の夕暮れの風景や空気感。
心斎橋など俗にいうミナミのネオンとか、阪急電車が夕暮れの淀川の上の鉄橋を走る情景とか。
大阪駅前の、今はあるのかどうか分かりませんが、大きなスクランブルになっている陸橋の上から下を見た光景とか、夜の御堂筋とか、やはり懐かしいものですね。
懐かしさで、少し体がポワーっと熱くなります。
まだ兄貴が元気で大阪にいるから、一度行かなきゃなんて思いました。
そういえば、やしきたかじんさんとは、もう20年以上前だけど、一度北新地のクラブで私の席にあいさつの来られて、30分ぐらいだけど呑んだことがあったのを思い出します。
年齢は一つ下ですが、コンサートやテレビのイメージと違ってメチャクチャ紳士だったなあ。
礼儀正しい人だったのを思い出します。
やしきたかじんの歌はyoutubeでほとんどの曲を聴くことができます。
私が好きな、やしきたかじんのランキングです。
1.あんた
2.なめとんか
3.大阪恋物語
4.やっぱ好きやねん
5.ラブ・イズ・オーヴァー
6.ICHIZU
posted by bhycom2 at 00:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

ケルテスの新世界はすごい!!!!

今年の春、オペラシティにコンサートのチケットを買いにいった折、オペラシティの中の本屋で次の本を見つけました。
・隔週刊 CLASSIC PREMIUM (クラシックプレミアム) 2014年 2/18号 小学館
ケルテスか!懐かしいなあと思って購入しました。
  
私ぐらいの年齢(60代)の人ならケルテッシュといった方がなじみがあるかもしれません。
ケルテスは若くしてイスラエルで海水浴中溺死した天才指揮者で、当時は、けっこう大きなニュースになりました。
というのは、この指揮者、当時は本当に次代の巨匠として、カラヤンを継ぐような指揮者になるのではと本当に嘱望されていて、ウィーンフィルなどともすごい名演を残している指揮者だったからニュースになったのです。
ただ、私はこの指揮者の演奏とはけっこう無縁で、あまり聴いたことがなかったのです。
当時は、ブルーノワルターとかカラヤン、バースタイン、カールベームなどのレコードを買いよく聴いていました。
また、ケルテスがまさに寵児として世界的に知名度が上がったのは、記憶が正しければ60年代後半で、私の丁度高校から大学時代で、この頃もクラッシックのコンサートにはよく行っていたから、興味がなかったわけではありませんが、大学に入ってハワイアン音楽を始めたこともあって、中学の時や最近のように興味津々で、いろんな指揮者や楽団の演奏を聞きまくるようなことがない時期と重なったのもケルテスを聴く機会がなかった原因かもしれません。
you tubeがなかったから、今みたいに好きな時に好きな演奏を、それも無料で聞けるような環境ではなかったから、ケルテスの演奏には無縁だったのだと思います。
だから、海水浴中亡くなった悲劇の指揮者ぐらいの記憶しかなかったのです。

その日買ったドボルザークの新世界交響曲は、最近はあまり好きな曲ではなく、むしろドボルザークなら8番の方が最近はよく聴くぐらいです。
新世界は正直、聞き飽きたと言うこともあるでしょうし、「おー良いねえ!」と、心が動かされるような演奏が私にとってはなかったから、その日もケルテスが懐かしく興味があったけれど、曲が曲だから、あまり期待しないで買ったのです。(調べたらケルテスとウィーンフィルの新世界は超有名な名盤でした)
新世界交響曲は、第2楽章は小学校の放課後によくかかる音楽として有名ですし、第4楽章は高校野球の応援歌としてもよく使われています。
私の車のナビにもバースタインと小沢征爾の演奏を保存しています。
実際、バースタインとニュヨークフィルの演奏はコンサートで聴いたことがありますし、小沢征爾も日本フィルか読響かは忘れたけどコンサートで聴いたことがあって、当時の若かった自分としては両方すごく良かった記憶があります。
車に保存しているバーンスタインとニューヨークフィルの演奏はやはり良くて、時々聴きます。
でも小沢征爾とウィーンフィルの演奏はメチャクチャ退屈な演奏で、順番が来たら飛ばしてしまうことが多いほど、若いころ聴いた小沢征爾の新世界とは別物みたいな感じです。
長くウダウダ書いていますが、要は新世界交響曲は嫌いな曲ではないけれど、目が覚めるような感覚になる演奏に出会っていなかいから、あまり好んで聴く曲ではなかったのです。
まあ、すごくディープな愛好家じゃないから、同じ曲で何十枚もCDやレコードを所有しているようなことはないからでしょうが、カラヤンとウィーンフィルなどもyou tubeで聴いて良いなと思うものの、飛び切りオーッと言う演奏を聞いた経験がない曲だったのです。
  
でも、ケルテスとウィーンフィルの演奏はすごく良いですね。
本当にびっくりしました。
まさに目から鱗どころではないぐらい、どの楽章も聴かせますね。
運転しながらですが、集中して聴いてしまいました。
この演奏は、今も時々聴いています。
とにかく、緊迫感と言うか集中度というか、私には心を動かされる演奏です。
もちろん、人様々だから、ティンパニーがでがくて、オドオドろしいだけじゃないかと言う人もいるかもしれません。
でも、新世界交響曲がお好きな方でまだ聴いていらっしゃらなかったらぜひ聴かれたらと思います。
とにかく、この演奏が1000円ちょっとで毎日聴けるとしたら安いものです。
そして、このシリーズは良い演奏が収められています。

私が一番大好きなカルロスクラバーの運命や7番は定番ですし、未完成やブラームスの4番など好きな曲がいっぱいです。
posted by bhycom2 at 00:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。