ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年08月24日

ファンになった内田光子のピアノ協奏曲

内田光子は海外での評価がめちゃくちゃ高いのは知っていました。
フジ子・ヘミングや中村紘子の方が有名かもしれませんが、次元が違う超一流のピアニストと言うことも知っていましたが・・・・・
こんなことを書いちゃいけないのでしょうが、内田さんの表情がすごいというか、ちょっとびっくりしてしまうので、聴かず嫌いと言うか、本当に最近までほとんど聴いたことがありませんでした。
ところがひょんなことからモーツアルトのピアノ協奏曲20番を聴いて驚きました。
私にはとても素晴らしい演奏で、今まで聴いた20番の演奏でベストと言っても良い演奏に感じました。
人の感性や好みは様々ですので、がっかりされる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、内田さんのモーツアルトはすごい!
ちょっと調べたら、こんな記述をネットで見つけました。

音楽とは、美しい何かを人と分かち合うこと - ライフスタイル - nikkei BPnet
『国内ではフジ子・ヘミングや中村紘子の方がピアニストとしては有名かも知れない。だが世界の音楽界における内田光子の評価は、ちょっと次元が違う。一例をあげよう。来年はモーツァルトの生誕250年にあたり、母国のオーストリア各地では記念の行事やコンサートが目白押しなのだが、その中での目玉中の目玉、1月27日のモーツァルトの誕生日に生誕地ザルブルクで行われる記念コンサートに、世界でただ一人ピアニストとして招かれているのが、内田光子なのだ。
ちなみにこの日のほかのメンバーは、リッカルド・ムーティ指揮のウィーン・フィルに、ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)、ユーリ・バシュメット(ヴィオラ)、トーマス・ハンプソン(バリトン)、ルネ・フレミング(ソプラノ)。いずれも、世界一流のアーティストたちである。』 (続く)

Mozart: Concerto for piano and Orchestra (d-minor) K.466


ベートーベンの皇帝も、本当に素晴らしい演奏です。
好きな演奏ですね。
良かったらぜひお聴きください。
内田光子 ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番




モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&24番 - 内田光子
モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番&24番 - 内田光子Piano Concertos 1-5 - ARRAY(0xac5c9c0)
Piano Concertos 1-5 - ARRAY(0xac5c9c0)
posted by bhycom2 at 17:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。