ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年09月23日

子供のころ聴いたクラシック 喜歌劇「軽騎兵」序曲 フランツ・フォン・スッペ

今日紹介するスッペの軽騎兵序曲は子供の頃よく聴きました。
今日の演奏はメスト指揮、ウイーン・フィルのニューイヤーコンサート2013の中で演奏されたものです。
良い演奏ですね。
非の打ちどころない演奏で、かえってこのような聴きなれた曲だと演奏の質が分かります。
トランペットも、そして弦も良い。
さすがはウィーンフィルです。
また、何よりもメストのテンポがちょうどよく、緊張感も適度で、これどまさしく喜歌劇の序曲。
ぜひお聴きください。
posted by bhycom2 at 17:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供のころ聴いたクラシック モルダウ「わが祖国」より

子供のころ音楽の時間で聴いたというか聴かされた曲のよい演奏を紹介していきたいと思います。
1回目はスメタナのモルダウ「わが祖国」です。
正直なところ大好きな曲ではないので、それほど聴く曲ではありませんが、カラヤンとベルリンフィルの素晴らしい演奏が見つかったので紹介します。
改めてカラヤンってやはりすごい指揮者なんだと再確認した演奏です。
ぜひお聴きください。
posted by bhycom2 at 00:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月21日

クライバーのコンサート2

クライバーのコンサート1では次のプログラムの動画を紹介しました。
・ベートーベン コリオラン序曲
・モーツアルト 交響曲第33番
・ブラームス  交響曲第4番

今日は次のプログラムの動画を紹介します。
・モーツアルト 交響曲第36番
・ブラームス 交響曲第2番
管弦楽はウィーンフィルハーモニーです。
こちらもすばらしいコンサートですのでぜひお聴きください。
posted by bhycom2 at 23:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。