ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年09月13日

運命交響曲の聴き比べ

ダダダーダーン!ダダダダーン!
有名なベートーベンの運命の1楽章の初めの部分です。
この部分は休符があって始まるから、指揮者も楽団員も、曲の初めの部分は緊張するそうです。
この曲はこの初めのフレーズが勝負なのです。
今日はいくつかの演奏を聴き比べたいと思います。
どの演奏がお好きですか?
同じ曲でも違うでしょ。

志音会オーケストラ 第3回定期演奏会より 指揮:藤本淳也


指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
演奏:ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


カール・ベーム指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団


Vienna Philharmonic Orchestra
Christian Thielemann, conductor


フルトベングラーです。


カラヤンとベルリンフィルです。


バーンスタインとバイエルン放送交響楽団


クライバーとウィーンフィルです。


聴き比べの動画です。
C.クライバー、カラヤン、トスカニーニ、フルトヴェングラー、ショルティ、ガーディ-ナー、ヴァント、イッセルシュテット、ベーム、グールド
posted by bhycom2 at 02:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。