ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年09月14日

やしきたかじん



やしきたかじん。
実はやしきたかじんの歌が好きで、関西に住んでいた頃は、よくコンサートに行きました。
私は音楽好きですが、ジャンルがかなりメチャクチャ。
車のナビに保存しているのは、70%クラシック、10%ハワイアン、後はやしきたかじん、石川さゆり、そして伸晃の叔父さんの裕次郎、加山雄三、トニー・ベネット、メル・トーメなどが混在しています。
私は一生の2/3以上東京に住んでいるし、最近は大阪など関西にほとんど行かないから、すっかり大阪の様子も分からなくなりました。
梅田の変わりようも知らないし、小学校があった阿倍野も変わったようです。
でも、生まれて高校までは大阪の心斎橋の近くに住んでいましたから、なじみがなくなった大阪も、DNAは覚えているらしく、やしきたかじんの「東京」と言うヒット曲の前までの、まさにザ・オオサカの曲が実に好きで、今でも時々、特に運転していて眠い時によく聴きます。
「東京」と言う曲は流行ったけど、やしきたかじんが良いのはそれまでの曲です。
「あんた」が最高に好きだし、「ICHIZU」「未練」「やっぱ好きやねん」「大阪恋物語」「なめとんか」なんかは好きですね。
時々一人カラオケに行くけど、必ず「あんた」と「なめとんか」を熱唱(^^ゞ
たかじんの歌もだけど、バックの、特にサックスや電子ギターやクラリネットの音が、とても私には大阪が感じられて、子供の時の夕暮れの風景や空気感。
心斎橋など俗にいうミナミのネオンとか、阪急電車が夕暮れの淀川の上の鉄橋を走る情景とか。
大阪駅前の、今はあるのかどうか分かりませんが、大きなスクランブルになっている陸橋の上から下を見た光景とか、夜の御堂筋とか、やはり懐かしいものですね。
少し体がポワーっと熱くなります
まだ兄貴が元気で大阪にいるから、一度行かなきゃなんて思います。
そういえば、やしきたかじんさんとは、もう20年以上前だけど、一度北新地のクラブで私の席にあいさつの来られて、30分ぐらいだけど呑んだことがあったのを思い出します。
年齢は一つ下ですが、コンサートやテレビのイメージと違ってメチャクチャ紳士だったなあ。
礼儀正しい人だったのを思い出します。
合掌・・・・・・
残念だなあ






posted by bhycom2 at 02:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。