ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年11月06日

ウィーン・ヴィルトゥオーゼン 東京芸術劇場コンサート

今日、ウィーン・ヴィルトゥオーゼンの東京芸術劇場のコンサートに行ってきました。
WienVirtuosen250x250.jpg

DSC_0160.JPG
ウィーン・ヴィルトゥオーゼンは1995年にウィーンフィルの首席クラリネット奏者のオッテンザマーが中心となってできたアンサンブルで、キュッヒルが主催するウィーンリングアンサンブルと勝るとも劣らない素晴らしいウィーン音楽の演奏を聴かせてくれます。
今日も良い演奏で、ウィーンフィルでは第二バイオリンの首席を若くして努めるコンツのバイオリンは、本当にやさしい音色で良い音出てました。
やはりヨハンシュトラウスは素晴らしく「春の声」には大感動しました。
もう年齢の関係で引退した、ウィーンフィルの首席&ソロチェロリストを務めたバルトロメイのチェロの刻みとコンツのバイオリンで、キュッヒルの「春の声」よりも、少し暖かい空気が感じられる演奏で、今日の演奏は本当に素晴らしかったです。
今日と同じメンバーの演奏はyoutubeにないので、バイオリンが第三コンサートマスターのシュトイゼだったり少し違いますが、シューベルト交響曲第5番です。
すがすがしい良い演奏です。


ウィーン・ヴィルトゥオーゼンのニュー・イヤー・コンサート 結成15周年記念 アルバム I - ウィーン・ヴィルトゥオーゼン
ウィーン・ヴィルトゥオーゼンのニュー・イヤー・コンサート 結成15周年記念 アルバム I - ウィーン・ヴィルトゥオーゼン
posted by bhycom2 at 23:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。