ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年11月11日

マーラー交響曲第一番 「巨人」

今日ご紹介するのはマーラーの交響曲1番「巨人」です。
この曲は交響詩で正確には2番の「復活」が第一番だと言う話もありますが、そんなことはどうでも良いことで、素直に大好きな曲です。
ところどころにウィーンの情緒を感じさせるメロディがちりばめられていて、このようなところが大好きに感じられるのだと思います。
今日の演奏はバーンスタインとウィーンフィルです。
今のようにマーラーの交響曲が普通によく演奏されるようになったのはバーンスタインの功績が大きく、大指揮者であったバーンスタインが積極的にマーラーを紹介しなかったら、いまのマーラーの交響曲のポジションはなかったと思います。
晩年ウィーンフィルと非常に友好的でウィーンに長く滞在したバーンスタインのウィーンへの愛も感じられる演奏です。
posted by bhycom2 at 00:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。