ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年11月20日

入江のワルツ

このヨハン・シュトラウスのワルツは一般的に有名ではありませんが、この曲はオペレッタ「ヴェネツィアの一夜」で歌われたワルツで、最初は台本が良くなく不人気だったオペレッタですが、この入江のワルツや序曲など、音楽が素晴らしいので、台本の手直しとともに人気が出て、いまでもよく演奏されています。
確か来年のメルビッシュ湖上音楽祭のメインの演目は「ヴェネツィアの一夜」だったと記憶しています。
特にこの入江のワルツは大人気で大流行したとのこと。
この曲に限っては、ムーティーの抑揚の付け方が大好きで、一番好きな演奏です。
ワルツ名人のヤンソンスも演奏していますが、この曲に限ってはムーティの演奏が良いですね
posted by bhycom2 at 03:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。