ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年11月23日

花のワルツ

ご存知のように「花のワルツ」はチャイコフスキーのくるみ割り人形の中のワルツです。
大好きな曲の一つです。
この曲をベルリンフィルはよくアンコールなどで取り上げます。
今日紹介するのは小澤征爾1993年ヴァルトビューネコンサートの中の演奏です。
私も小澤のすべてを評価するわけではないにしても、ベルリンフィルのヴァルトビューネコンサートの指揮をしたんだから、これだけでもすごいことだと思います。
ウィーンフィルのニューイヤーコンサートは別次元でもっとすごいけれど、多分、日本人ヴァルトビューネコンサートの指揮をできる指揮者が現れるかといえば、しばらくは無理だと思います。
佐渡も大野も99%無理だし、山田もまだ未知数で分かりません。
この花のワルツの小沢の演奏はなかなかいいですよね。



そして、サイモン・ラトルとベルリンフィルの演奏です。
posted by bhycom2 at 03:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。