ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年12月11日

ブラームス交響曲第四番

ブラームスの交響曲第4番は2番と並び私の大好きな曲です。
この曲はロマンチシズムの権化のような曲で、指揮者や楽団によりかなり違った印象になる曲でもあります。
ですから、聴く者の好みが分かれる曲でもあると思います。
私が大好きな二人の指揮者の演奏をお聴きいただきます。
まずはクライバーとウィーンフィルの演奏です。


もう一つはバーンスタインとウィーンフィル


本当にどちらとも甲乙をつけることができない素晴らしい演奏です。
posted by bhycom2 at 02:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。