ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年12月27日

ナット・キング・コール

大好きなナット・キング・コールを紹介するのを忘れていました。
若い方にはなじみがないかもしれません。
でも、この歌声は古さなどまったく感じないし、何ともいえない節回しと声のトーンは何度聞いてもほっとするというか癒されます。
ほっとしたとき、いらつくときなど、さまざまなシチュエーションで聞いていただければと思います。


1. 00:00 Unforgettable
2. 03:27 LOVE
3. 05:59 Too young
4. 09:23 Autumn leaves
5. 12:03 Quizás, quizás, quizás
6. 14:48 Tenderly
7. 17:45 The Christmas Song
8. 20:54 Fascination
9. 23:22 Love is a many splendored thing
10. 26:02 People
11. 28:38 Arrividerci Roma
12. 31:23 In the good old summer time
13. 32:54 When you're smiling
14. 35:36 Fly me to the moon
15. 38:07 Nature boy
16. 42:01 Smile
17. 44:54 Pretend
18. 47:38 When I fall in love
19. 50:48 Those lazy hazy crazy days of summer
20. 53:12 Let's fall in love
posted by bhycom2 at 19:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。