ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2015年03月07日

ウィーンのボンボン

一般的には有名な曲ではありませんが、大好きなヨハンシュトラウスのワルツがあります。
それは、ウィーンのボンボン。
この曲は、19世紀の後半でウィーンは産業革命の始まりとなり、ヨハンは金持ちが集まる舞踏会のための曲を書いた。ボンボンという砂糖菓子が流行ったこともあったのでこのタイトルとなった。
何かフランスの香りがするワルツで、フランス人のプレートルにはお似合いの曲です。
エスプリ溢れる大好きな演奏です。




posted by bhycom2 at 02:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。