ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2015年04月15日

ディベルティメント第1番 K136(モーツアルト)

先日ディベルティメント15番と17番をカラヤンとベルリンフィルの素晴らしい演奏をご紹介しましたが、
やはりモーツアルトのィベルティメントと言えば有名なのは1番です。
1991年7月28日 ザルツブルグ祝祭大劇場で行われたリッカルド・ムーティ指揮とウィーンフィルハーモニー管弦楽団の演奏尾をお聴き下さい。
この演奏のコンサートマスターは、ウィーン・フィルのコンサートマスターとして、その名声は楽壇に轟き、世界最高のコンサートマスターとまで絶賛された名手、ゲアハルト・ヘッツェル(1940〜1992)さんで、この演奏の翌年、ザルツブルグの山を登山中の滑落死しています。
手をかばったため死亡した悲劇が翌年起ころうとは・・・・
非常に残念です。
良い演奏です。





posted by bhycom2 at 01:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

歌劇《仮面舞踏会》(ヴェルディ)

アメリカのボストンが舞台のベルディのオペラです。
ドミンゴにレオ・ヌッチの豪華配役です。



あらすじはhttp://www.geocities.jp/wakaru_opera/unballoinmaschera.htmlをご覧ください。
 
1990年7月28日 ザルツブルグ祝祭大劇場
ゲオルグ・ショルティ指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

グスターヴォ三世:プラシド・ドミンゴ
アンカルストレーム伯爵:レオ・ヌッチ
アメーリア:ジョセフィーン・バーストゥ
ウルリカ:フローレンス・クイヴァー
オスカル:スミ・ジョー、他
ウィーン国立歌劇場合唱団


posted by bhycom2 at 03:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カラヤンのディベルティメント第15番(モーツアルト)

昨日に続いてカラヤンのディベルティメント第15番(モーツアルト)です。
この演奏も心が洗われます。
ややもするとカラヤンの人造的な無機質で権力志向の部分を批判する方もいます。
確かに多くのレコーディングは、良いところをつなげたり、パートを強調するような編集をしたりしている録音もありますが、このライブの演奏では、カラヤンはやはり良い演奏をします。
ぜひお聴きください。





posted by bhycom2 at 03:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。