ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2015年04月20日

モーツアルト ディヴェルティメント K.137

前回ご紹介しました有名なK.136に続くK.137をご紹介します。
ディヴェルティメント 変ロ長調 K.137は、当時16歳のモーツァルトが作曲した弦楽四重奏のためのディヴェルティメントです。
ザルツブルクで作曲されたことからK.136から138をまとめてザルツブルク・シンフォニーとも言い、 K.137はその2曲目です。
2楽章は好きですね。




posted by bhycom2 at 03:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。