ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2015年06月27日

シカゴ交響楽団の第九

世界のスパーオーケストラの一つシカゴ交響楽団の第九です。
世界三大オーケストラを語るとき、ベルリンフィルとウィーンフィルは絶対に入りますが、この二つにプラスしてロイヤルコンセルトヘボウか、このシカゴ交響楽団が入ります。
指揮は現音楽監督のリッカルド・ムーティーです。
好みは分かれると思いますが、私はけっこう好きな演奏です。
ムーティはヨハン・シュトラウスは決してうまいとは言えませんが、ベートーベンは上手いなと思いました。





posted by bhycom2 at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

メストとクリーブランド スッペ「軽騎兵序曲」

超有名な誰でも聴いたことがあるスッペの軽騎兵序曲をメストとクリーブランド管弦楽団でお聴きください。
メストは現在のウィーン国立歌劇場の音楽監督で、この楽団の音楽監督は2002年から務めています。
クリーブランド管弦楽団と言えばジョージ・セルと言われるぐらい我々60歳代の世代では有名な楽団で、この演奏を聴く限り、今も良いですね。
マーラーとかブルックナーなど聴いてみたいですね。
 




posted by bhycom2 at 02:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

ロンドン交響楽団とアバドのマーラー「巨人」

私のアバド好きはご存知の通りです。
今秋来日公演するロンドン交響楽団とアバドの巨人を見つけました。
良い演奏ですね。
ロンドン交響楽団は高校生頃ライブで聴いたことがあります。
ガキの頃だからいい加減なものですから、その時の印象や記憶はいい加減なものですが、素晴らしかったです。
ただ、ベルリンフィルやウィーンフィルと比較すると、ものすごく過小評価されていると思います。
今秋の来日公演では、マーラーのこれまた好きな4番をハイティンクが指揮するので、ものすごく行きたいけれど、売り切れ。
私の車にはショルティとロンドン響の巨人と5番をナビに保存してよく聴いていますが、ロンドン響の演奏は最高です。
ぜひご一聴を!!!





posted by bhycom2 at 02:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。