ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2014年07月30日

神が降りた演奏 ユージン・オーマンディーとフィラデルフィア管弦楽団のベートーベン7番

最近は多忙で以前ほどコンサートに行きませんが、私の入ったコンサートでも、神が降りたような演奏を何度か体験しています。
その中でもう45年近く前になりますが、東京文化会館だったと思いますが、ユージン・オーマンディーとフィラデルフィア管弦楽団のベートーベン7番は今でも覚えています。
私の年齢も20歳ぐらいで、現在の自分がその場にいたら果たして神が降りたような演奏と感じたかどうか分かりませんが、それまでに聴いた、カラヤンとベルリンフィルよりも、ウィーフィルやアムステルダムコンセルトヘボウよりも、鮮明に記憶しているのは、やはりすごい演奏だったのではないかと思います。
席は確か最前列か2列目ぐらいだったと思います。
とにかく、音やメロディーが私の身体を包んで、これでもか!これでもか!という位、揉まれ空中に持ち上げられたかのような錯覚を感じるような体験でした。
その頃のユージン・オーマンディーとフィラデルフィア管弦楽団はまさに最盛期で、とにかくフィラデルフィアサウンドと賞賛され、自作の協奏曲で録音も残しているラフマニノフにいたっては「世界最高のオーケストラ」と賞賛し、最後の作品「交響的舞曲」は「フィラデルフィア・サウンドを想像しながら作曲した」という逸話が残っているぐらいです。
リヒャルト・シュトラウスもお気に入りのオーケストラだったと聞いています。
そして、神が降りたコンサートはいつのコンサートだったかとネットで調べたら、1967年の5月11日か15日であることが分かりました。
その時のプログラムは次の通りです。

5月11日:東京文化会館
ブラームス/大学祝典序曲 
ベートーヴェン/交響曲第7番
ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
ムソルグスキー/展覧会の絵

5月15日:東京文化会館
ベートーヴェン/レオーノレ第3番
ベートーヴェン/交響曲第7番
ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲
ムソルグスキー/展覧会の絵

ほかの演奏はまったく記憶にないので、どちらの日か分かりませんが、19歳の時のコンサートだったようです。
posted by bhycom2 at 13:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。