ウィーン賛歌 日々聴きまくる演奏の中から、心に残った演奏と、大好きなウィーン音楽を img_01.jpg

2015年05月24日

ロリン・マゼールのマーラー5番 第4楽章 アダージェット

昨年亡くなった名指揮者、ロリン・マゼールのマーラー交響曲第5番 第4楽章 アダージェットです。
マーラーの曲はすべて好きですが、この5番は最も人気が高く、特にこの楽章は、1971年の映画『ベニスに死す』(トーマス・マン原作)で使われ、70年台後半から起きたマーラーブームの火付け役を果たしただけでなく、マーラーの音楽の代名詞的存在ともなっています。
ロリン・マゼールのマーラーも良いですね。
今回の演奏は、マゼールが以前音楽監督をしていたバイエルン放送交響楽団です。




posted by bhycom2 at 02:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。